マネジメント

1on1ミーティングで話すことって何?目的を知りたい!

どうも、営業マネジャー兼キャリアコーチのnoriです!

 

ここ最近は企業名での1on1ミーティングってを導入する機会が増えています。

 

今回は、、、

 

考えている人
1on1ミーティングって何を話せばいいだろう?目的は何?

 

という上司の悩みを解決します。

 

 

1on1ミーティングって何?

nori
1on1ミーティングとは上司と部下が対話の場を設けて相談にのったり課題を解決するためのコミュニケーションのことです。

 

「1on1ミーティング=面談」とイメージしてしまい人事評価や指導をするといった感じで思っている方もいますがちょっと違います。

 

1on1の主役はあくまで部下であり、モチベーションの確認や課題を解決するためにおこなうミーティングです。

 

 

1on1ミーティングで話すことって何?

 

では具体的に1on1ミーティングでは何を話せばいいのでしょうか?

 

ここでやってしまいがちなのが『一方的な指導』です。

 

教える人
君はココができていないからこうしなさい!

 

あ。。。はい、、、

 

こんなやり取りではミーティングというよりただの圧力ですね、、、

 

nori
何度も言いますが1on1ミーティングの主役は部下です

 

このことだけは忘れないようにしましょう。

 

部下の悩みを共有する

働いている部下は多くの悩みを抱えています。

 

人間関係がうまくいっていない

 

売上がなかなかあがらない

 

なんか仕事に集中できない

 

などさまざまです。

 

まずは悩んでいる部下がいるならそれを共有することが重要です。

 

共有してもらったり話を聞いてもらうことによって人は自己開示をスタートします。

 

悩みを聞くことができたら必ず「受けとめる」ようにしましょう。

 

キャリアについて話す

部下の中では将来へ不安を感じている人も多いでしょう。

 

上司となるあなたは、

 

nori
「君は将来この会社でどうなっていきたい?」や「いつまでどうなっていたいの?」

 

などフワッとでもいいので質問をしてみてきください。

 

ここで重要なのがオープンクエスチョンを使うことです。

 

オープンクエスチョンとは

答えの制限をかけさせない質問方法。反対に「はい」「いいえ」で終わるような質問はクローズドクエスチョンという

 

オープンクエスチョンをうまく使って部下の本音をゆっくり引きだしてください。

 

プライベートな相談にのる

1on1ミーティングでの話は仕事だけではありません。

 

人のモチベーションは仕事以外でもプライベートなどが大きく影響することもあります

 

これは部下との信頼関係の深さによりりますが、

 

プライベートの悩みを相談してきたらしっかり話をきいてあげましょう。

 

 

1on1ミーティングをする目的

 

考えている人
1on1ミーティングはなんでする必要があるんですか?

 

率直に思う人もいるでしょう。

 

1on1ミーティングをおこなうときは、しっかりとした目的をもって臨む必要があります。

 

上司と部下の信頼関係を深める

いくら上司と部下といっても1人の人間です。

 

その間には『信頼関係』がなければいけません。

 

部下のことを「認めて」「受けとめる」これがより信頼関係を強くします。

 

結果として部下のパフォーマンスがあがっていくのです。

 

働く目的を明確にする

働く目的が明確でなくなったらモチベーションの低下に繋がります。

 

たまにですが、、

 

教える人
いっぱい稼いでお金をたくさんもらおう!

 

と働く目的を『お金』だと決めつける上司がいますがこれは危険です。

 

もちろんお金も必要ですが人によっては価値観がちがいます。

 

nori
今まで働いていて一番よかったことは何?

 

といった質問をすることで部下の価値観がわかるときもあるんです。

 

働く目的を明確にすることで部下の仕事にむかう姿勢も変わっていくでしょう。

 

退職をふせぐ

すいません。ちょっとお話したいことがあります、、

 

この言葉でたら退職の意向を伝えにきた可能性が高いです。

 

退職の理由はさまざまですが、

 

私がおもうに1番の理由は上司と部下のコミュニケーション不足です。

 

1on1ミーティングはコミュニケーションをとることも目的の1つなので、退職を防ぎ優秀な人材を失うリスク回避にもつながります。

 

あわせて読みたい
部下の育成に悩んでいる上司がコーチングを活用するメリットは?

どうも、プロコーチのnoriです!   中間管理職がマネジメントで最も悩むこと、、、   部下の育成がうまくいかない。。。   ではないでしょうか?   そんな ...

続きを見る

 

 

1on1ミーティングで気をつけるポイント

 

考えている人
でも1on1ミーティングをやったことがないし、どうすればいいの?

 

このように考える上司もいるでしょう。

 

最も気をつける5のポイントをまとめました。

 

定期的におこなう

1on1ミーティングは必ず定期的に実施するようにしましょう。

 

1回おこなったからって「はい、終わり」というわけではありません。

 

理想は2週間に1回です。

 

1ヶ月に1回でもいいのですが、2週間に1回おこなったほうが前回の話したことを鮮明のおぼえています。

 

定期的に実施することでより信頼関係も強くなっていくでしょう。

 

同じ目線でおこなう

1on1ミーティングをするとき上司と部下というポジションは一旦おいて臨むべきです。

 

できるだけ同じ目線になり部下に寄り添う気持ちでおこなってください。

 

否定は絶対にしない

話をしていると、、、

 

それはちょっと違うような気がする

 

と上司がおもうこともあるでしょう。

 

ここで注意してほしいのが「否定しない」ことです。

 

否定された、、、とおもわれた瞬間に部下は本音を喋らなくなります。

 

まずは「認めて」「受けとめる」ということを意識してください。

 

しっかり傾聴する

1on1ミーティングの上司の役回りは「傾聴する」ことです。

 

あれやこれやなど上司からのアドバイスや発信ばかりだとただの演説と同じです。

 

ココがポイント

発信者=部下

傾聴者=上司

 

このバランスが大切なのです。

 

フィードバックをする

最後に1on1ミーティングが終わったらしっかりフィードバックをしてあげてください。

 

nori
君は〇〇のように考えているんだね。ではその方向で進めよう!

 

話した内容を理解していること、そして行動を促すようにしてください。

 

あわせて読みたい
【リアル】営業マネージャーが実践している。部下を褒めてのばす育成術。

どうも、営業マネージャーのnoriです。   部下をもつ上司にとって必ず課題にあがるのが『部下の育成』についてです。   この記事で学べること 部下を褒めるスキルが身につく 具体的 ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

 

1on1ミーティングとは面談ではなく、あくまで上司と部下のコミュニケーションです。

 

より仕事で部下のパフォーマンスあげさせることが上司の務め。

 

あまりかしこまらずに、、

 

nori
今日は何の話をしようか?

 

くらいのフランクな感じが大切ですよ!

 

それではまた!

-マネジメント

© 2022 noriblog Powered by AFFINGER5