営業マンの悩み

営業職がきついと思われる3つの理由とその対処法

考えている人
悩んでいる人「営業職ってメンタル的にきついの。営業職でメンタルが壊れるキッカケは。安心して働ける職場を探すには。」

 

こんな悩みを解決します。

 

✅本記事の内容

  • 営業職がメンタル的にきついと思われる理由をまとめました
  • 営業職でメンタルが壊れるキッカケ
  • メンタルを壊さないためにできること

 

私は営業マネージャー歴10年で、現在はプロコーチとして中小企業のマネージャーや新しいことへチャレンジする人をサポートしています。さまざまな営業マンをみてきてメンタル面で悩みを抱えている人も多くいました。

 

この記事を読むと、メンタルを安定しながら仕事ができるようになると思います。ぜひ最後まで読んでくだい。

 

 

営業職がメンタル的にきついと思われる3つの理由

 

まだ営業を経験したことがない人にとって、メンタル的にきついと思われる理由を考えてみましょう。

 

ノルマがある

私は採用活動も新卒・中途向けのどちらも10年以上おこなってきました。

 

その中で、営業未経験のかたからよく質問があったのが

 

求職者

ノルマってあるんですか?

 

という質問です。

 

たしかに営業は数字で結果をださなければいけません。年間、月間、週間などで目標が立てらる企業もあります。

 

なぜ「ノルマがあるんんですか?」という質問があるのかは、下記のような不安からきています。

 

不安な気持ち

  • 目標を達成できなければ怒られる
  • 目標を達成できなければ給与が下がる
  • 目標を達成できなければクビになる

 

このようなマイナスのことが優先してしまっていることが多いです。

 

拘束時間がながい

営業職はお客様の課題解決にたいして商品やサービスを提供する仕事です。

 

そのため商談以外にをやることはたくさんあります。

 

営業職の業務内容

事前調査、アポ取り、企画書作成、商談、報告書、アフターフォローなど

 

そのため会社に帰社してもやることが多く、残業が多いというイメージがあり、結果として「拘束時間がながい」と思ってしまうのです。

 

クレーム対応の最前線に立つ

営業マンにとって誰でも1度は経験すること、それはクレームです。

 

もちろん、営業職に限らずクレーム対応をすることはあるでしょうが、現場で最前線になって対応するのは営業職が多いでしょう。

 

できれば誰もがクレーム対応はしたくないものです。

 

そういったところの部分で”きつい”と思ってしまう人もいるようです。

あわせて読みたい
営業マンが知っておきたい3つのクレーム対応

どうも、noriです!   営業マンなら誰もが経験するのがクレームです。クレーム対応はできるだけ避けたいですよね?   間違ったクレーム対応をしてしまうと、取り返しのつかない事態に ...

続きを見る

 

 

営業職でメンタルが壊れるキッカケ

 

では、実際に営業職でメンタルが壊すキッカケになることはどんなシーンでしょうか?

 

見ていきましょう。

 

売上に追われるあせり

営業は数字で評価されます。

 

目標に対して達成率が100%だったのか?前年対比に対してどうだったのか?まさに数字との戦いです。

 

予定より多くの結果をだす人、順調に結果をだす人、なかなか結果にでない人もいます。まさ2:6:2:の法則です。

 

2:6:2:の法則

  • 大きな結果をだす人・・・・・2割
  • 順調に結果をだす人・・・・・6割
  • なかなか結果がでない人・・・2割

 

このなかでの「なかなか結果がでない人」の中にいる人もですが、大きな結果をだす人もプレッシャーを感じて、メンタルを病むことも少なくありません。

 

上司からのパワハラ

職場の人間関係はメンタルにおおきく影響を与えます。

 

とくに上司と部下の関係は重要で「罵詈雑言」をいってくる人が上司になったらキケンです。俗にいうパワハラ上司です。

 

このパワハラ上司は、すべてが自分目線のため相手の立場になって考えることはできないし、心に寄り添うことなんて不可能です。

 

デキている事よりもデキていないところ探して、徹底的に詰めてきます。

 

結果、部下は自己肯定感がさがってしましメンタルダウンの引き金をひいてしまいます。

 

長時間労働による体調不良

時代はかわってきて今はコンプライアンスを重視する企業があたりまえです。

 

しかし、一部では未だに長時間労働をさせている企業もあると聞きます。

 

残業はあたりまえ、休日出勤をしても振替休日をあたえない

 

こんな労働環境のもとではメンタルはもちろんですが、睡眠不足による過労で体が悲鳴をあげるでしょう。

 

「最近おかしいかも・・・」とおもったら、LINEの心理テストを答えるだけで自分の状態がわかるメンタルヘルスケアをサポートするEAPを受けてみてもいいです。無料でできます。

 

 

メンタルを壊さないためにできること

 

自分の体は自分で守らなければいけません。

 

これは営業職に限らず、働くすべてのビジネスパーソンにいえることです。

 

では、メンタルを守るためにできることは何でしょうか?

 

見ていきましょう。

 

休日は1人で楽しめtる趣味をもつ

仕事とプライベートのONとOFFは重要です。

 

平日は仕事で追われて、休日にリフレッシュできなければ心身ともに休めないでしょう。

 

そうならいためにも趣味を持つことをおススメします。できれば1人で楽しめる趣味がいいです

 

人間関係のわずらわしさを感じることなく、1人で没頭できる趣味があればメンタルを安定することもできます。

 

※1人で楽しめる趣味がほしいという方はコチラの記事もオススメです。

あわせて読みたい
【ストレスを解消】大人になったら1人で楽しめる趣味を持った方がいい理由と見つけ方。

どうも、noriです。   突然ですが趣味ってありますか?   このブログを見てくれているということは、もしかしたら趣味がない人かもしれません。   大人が抱える趣味の悩 ...

続きを見る

 

転職活動を考える

もし、この記事も読んでいるあなたが

 

今の会社にこれ以上いては間違いなくメンタルダウンしてしまう。。。

 

そんな事を考えているなら転職活動を開始しましょう。でも、転職先が同じような環境だったらイヤですよね?

 

そうならない為にもという転職会議というサイトに登録して口コミや評判のチェックからでもはじめてください。このサイトは登録無料で退職者や現職の社員の声がみれます。

 

そして、次に転職サイトの利用ですがリクルートエージェントDODAエージェントサービスの転職エージョンとサービスを利用してください。登録は無料で、その企業の情報や業界ごとの雰囲気など詳しく教えてくれます。

 

副業をはじめる

転職活動をしても収入が下がってしまうので1歩踏みだせない。。。

 

そんな人は、副業をすることをおススメします。

 

本業以外での収入があれば、仮に転職して給与がさがっても副業でカバーすることができるので安心感があるでしょう。

 

※副業をはじめてみたいと思う人はコチラの記事もオススメです。

あわせて読みたい
ネット知識ゼロでもOK!営業マンにおすすめる副業まとめ5選

考えている人副業で稼ぎたい営業マン「営業マンでも稼げる副業を知りたい。ネットの知識ゼロだけど大丈夫かな?会社にバレないか心配だな。」   こういった悩みを解決します。   本記事の ...

続きを見る

 

まとめ

いかがでしたか?

 

営業職がメンタル的にきつい思われる理由はあります。

 

1番してほしくなのがメンタルを削りながら働ことです。そのときは「逃げる」という選択肢も悪くありません。

 

人生は1度しかないので、自分に納得できる働き方を目指しましょう。

 

それではまた!

-営業マンの悩み

© 2022 noriblog Powered by AFFINGER5